So-net無料ブログ作成

救援美術展

 3月14日~16日、茂原駅前学習プラザで、長生・茂原救援美術展が開かれます。

 救援美術展は、えん罪事件をはじめ、人権を踏みにじられた人々への支援と、救援募金を訴えることを目的に開催されます。

国内の100余名の作家の作品約200点、さらに地元の作家の作品を展示します。

 

 尚、美術展に先駆けて、日本画家 宮本和郎画伯を囲んで

『救援運動と美術家のつながり』など、絵を持ち寄ってお話しする機会を持つことになりました。

是非ご参加下さい。  

どなたでも参加できます。

 

 


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

流浪の民の乱

独り救援美術展を始めました。
再審請求に行暮れて橋下暮らしとなりこの憂さ晴らしに作画をしました 冒頭の作品はホームレスの脱糞を描写しました 
実際は使用した新聞紙もあったのですが余りにもリアルで排除しました。
当時は見るからに薄汚れたアル中の二人の浮浪者がいてこいつらは処構わず垂れる 
アル中の運子は鮮血が混じりシャーベット状です 
乾燥の暁には暗褐色となります しかしこれは運子であると説明しなければ解りませんかね
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/ejpg.html

by 流浪の民の乱 (2009-02-24 12:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。